対ベナン開発協力

2022/2/14
ベナンに対する日本の開発協力は1980 年に開始され、無償資金協力、研修員受入れ、専門家派遣等の技術協力を実施しており、2003 年には青年海外協力隊(JOCV)派遣取極めを締結しました。
現在、日本は以下の3分野を重点分野としてベナンへの開発協力を実施しています。

(1)インフラ整備:ベナンの持続的成長の促進に向け、我が国の優れた技術力を活かしつつ、経済・社会活動の基盤となる質の高いインフラの整備を行う。

(2)産業振興:経済成長の促進には産業振興が重要。水産・養殖及び農業を支援し、収益性・生産性の向上を図ると共に産業人材の育成を支援する。

(3)国民生活の環境改善:国民生活を支える基礎的社会サービスの改善を支援する。具体的には、給水分野、教育分野、保健・医療分野等を支援する。

ベナン開発協力ニュース

草の根・人間の安全保障無償資金協力

草の根文化無償資金協力